HERA ~煌めく瞬間を楽しむ~

カテゴリ: 釣行記事

先週の日曜日8日に、4月の例会以来水藻フィッシングセンターに釣行しました

次週に予定の例会の試釣 って言うほどに気合も入れず
どんなダンゴのブレンドがいいかなぁ~って感じの雰囲気を掴むために
緩~い気持ちでの釣行でした
とは言うもののダンゴを試しても3週目は池の月例会とも重なり混雑で渋いのが定番で
ダンゴで釣りきれる可能性も低いのが現実なんですよねぇ~
 
朝はどうも曇り空で、天気はどうなのかと不安な空模様でした

DSC_0050

同行の福田氏も和竿&合成竿を使って、いろいろな部分をお試ししているようでした
16尺の至連は趣きがタップリでしたね

私は中尺の和竿と言う事で伊集院12.1尺を出して、当然の事ながら両ダンコで始めました
久しぶりの和竿なのでまずは仕掛け作りからですが、蛇口の穂先ってやっぱり仕掛けを着けるのは
面倒ですね、しかし水切り音は最高にいいし、雰囲気は最高で好きなんですよねぇ~

DSC_0051

DSC_0052

夏場に入り管理池での両ダンゴは今年初めてです
浮子のサイズもどの辺りから入るか思案のいるところでした
先ずは自作(飛鳥)のBody13㎝の1㎜グラスムクからスタートしました
ちょっと大きすぎかとも思いましたが、ヘラが寄り始めるとこれでも入り辛い事もある程です
少しハリスを詰めたり、いろいろ調整しながらそこそこのペースで楽しめました

いろいろとしゃべりながら楽しんでいると、あっと言う間に昼飯の時間
事前に用意したコンビニの冷やし中華とおにぎりを食べて午後の部を再スタート

午後からは竿を伊集院13尺に変更しウキもクルージャンのBody15㎝PCムク1.2㎜をセット
ムクのウキはやっぱりPC1.2㎜が使いやすいですね、エサの調整幅が広がるのが一番かな~

DSC_0054

しかし1尺深くすると、釣りがやっぱり難しくなりますね
ヘラがタナに入って食わない状態でした、朝一から13尺だと良かったかもしれないけど
そもそも上調子のへらは、簡単ではなかったです

そこで、最後は竿を源一人 雅 10尺に変更しました

DSC_0056

普段はカーボンしか使っていない私には10尺程度は取り回しも楽で
エサ調整も容易になるタナは釣りやすさも満点でした

久しぶりに和竿を一日堪能し、カンカンにならずにそこそこ釣れるという
本来の楽しみを満喫できた一日でした


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+

お知らせ

第4週22日の日曜日には、有志の友達方々が集まって、中尺竿を使って両ダンゴで楽しむ会を
やります、竿は和竿もカーボンも、昭和の竿も平成の竿もなんの制約もありません、当然エサの
制約もありませんが、基本は両ダンゴがお約束です
一応中尺の竿とは11尺以上と定義して遊ぶ予定です、現場に7時頃集合予定です
一緒に遊びたいという方は参加自由なので、現場で声を掛けて下さい



 

先週の日曜日1日も夕間詰めの時合を狙って津風呂湖へ行って来ました

先週はバスの大会も開催されていた事もあり
朝からはボートも多くなり難しいだろうなぁ~
そうすると朝からの方も早めに上がるだろうなぁ~
こんな事をイメージしながら津風呂湖まで20分あまり

DSC_0045

3番駐車場に着くと西日の強い西側は、ほぼ空席
先端付近も見ていると先客も終了しそうな雰囲気でした

先々週にいろいろとお話しさせて頂いた湖鮒会の方と談笑している間に
どうやら先端のポイントが空いたようです

DSC_0047


サクット準備をして準備完了したのが4時頃てした
当日は11尺くらいの天々でも釣れると言う情報もあったので
まずは11尺からスータト、なかなかサワリも無かったのでハリスを伸ばしたところ
どうやら着底している様子、もう少し釣り座をずらしたポイトが正解だったようです
この辺りが常連の方々と違うところですねぇ

という事でタナを1本程度に上げて再スタートしました
サワリが出るようになったのは、日差しが傾き山陰に太陽が沈みかけた頃でした
それから日没までに3枚をgetして7時に納竿しました

前週より1回り型は良かったものの、綺麗な魚体はなく、スレたヘラばかりでした

DSC_0049

西日が強く写真は今ひとつですが、津風呂湖独特の野武士のようなへらでした

 

日曜日、朝から色々と用事をこなしてから
日暮れまでのワンチャンスを狙いに津風呂湖へ行って来ました

3番の駐車場付近は人気が高く、なかなかポイント確保が難しい
しかし、3時を過ぎれば帰る人もちらほら出てきます
その後に入って日没まで頑張る訳です
当日も、例会が終わった後の一級ポイントに入る事が出来ました

DSC_0039
DSC_0038
何時もながらロケーションは最高ですね
3時を過ぎるとこれからの季節は涼しくて最高なですよね

前に釣ってた人とおなじ15尺を出して両だんごで頑張ってみました
1時間程でサワリが出ましたが、中々手強いです
スレを掻くと後が厳しいですし、居るのに食ってくれません
結局、写真のを含め2枚で日没をお迎え終了となりました
DSC_0037
DSC_0040

あた行きたくなりますね!

今日は久々に中京エリアまで行ってきました

昨年に続き第2回となるDAIWAへら竿試釣会がありました
去年は天候に恵まれず雨で散々だった聞いてました
しかし、今年は見事に晴天に恵まれましね
去年は参加してない私が晴れ男なのかもしれませんよ~

DSC_0029

参加された方が思い思いの竿を借りて午前中は試釣です
午後のミニ大会に向けて、準備を行いました
その後9時過ぎから池事務所にて、エサ教室を開催し、常連の方々も参加頂き
いろいろと質問を頂きながらの教室でしたがなかなか盛り上がったんではないでしょうかね

午後から2時間はミニ大会を総重量で行い、表彰式では参加者それぞれが豪華賞品を
頂き無事に終了となりました

DSC_0034

本日のメイン講師は生井澤聡FTでしたが、我々に役割を譲って盛り上げて頂きました

DSC_0033

イベトント終了後に関係者が集まりパチリの一枚です

DSC_0035

生井澤FTのブログでも紹介されています。
↓   ↓   ↓
http://ameblo.jp/namaizawa-s4.htmlatoshi/entry-1185305190

http://ameblo.jp/namaizawa-satoshi/entry-11853021344.html

http://ameblo.jp/namaizawa-satoshi/entry-11852761192.html
 

ゴールデンウィークも最終日となった本日は、ようやく今年初めて野釣りに出かけました

前日に知り合いから情報収集したところによると、なかなか好釣だとの事で
多少の期待を抱きながら、情報を頂いたK氏と現場集合で 落ち合いました

ポイントは津風呂湖3番の通称杉林の対岸です
DSC_0019

DSC_0017

スタートは11尺で床釣りから入りました
約1時間ほどで、突然のアタリで尺2寸クラスをゲット
これは幸先いいぞと気合を込めましたがその後が続きません
その次に釣れてきたのは何とカメ、これは明らかに時合になりそうにありません
昼まで、底から宙へ11尺から15尺へとチャレンジしましたが、まったく異常なし

潔く諦めて場所探しに3番駐車場へ
さすがに人気ポイントだけにほぼ埋っている状態でした

とは言うもののそこは知り合いの口利きで常連さんの間に入れていただきました
もう昼飯食って撤収を考えてましたので、ラッキーの一言です
常連の方々、どうもありがとうございました。

先ずは釣台を設置して昼飯を食べて、早速準備
左隣の人に合わせて15尺でウドンセットを始めました
動きはあり、ヘラの気配はありありなのになかなか落とさない
かなりスレたヘラが表層に集まっているものの、まったくタナに入る気配がない
さすがに、人気ポイントで超スレた手強いヘラのようです
手持ちのエサもそんな状況を想定していない為、思うように修正が出来ない
そんな中で、何とか1枚をGET超うれしい1枚で記念撮影
IMG_0156

その後もポツポツは釣れるものの続かない
IMG_0157

今日の一番の型は38㎝程度、手持ち撮影をしたもののこれはなかなか難しい
DSC_0020

そんなポツポツ時合の中、午後から7枚を釣り本日は終了
日没直前に工藤君がひょっこり現れバトンタッチ

IMG_0160

今年初の野釣りも合計8枚で終了
やっぱり野釣りはリラックスムードもあり、真剣モードで釣りもして
楽しいですね、今年はできるだけ多く野釣りに行こうっと


先週20日の日曜日は水藻FCへ関西匠会の例会で行って来ました

いつもの会員メンバーに並んで福田さん白木さん渡辺さんの3名もご一緒していただきました
しかし、私は例会では入口へちの釣り座となった為、釣りをしながらの会話もなく
ひたすら、釣りに集中する一日でした

DSC_0296
 昼前からは小雨が降ったり止んだりと不安定な一日でした
釣り座にも恵まれた私は7尺チョウチンでウトンのセット釣りを選択
まずはモーニングサービス時間にどれだけ拾えるかが釣果に大きく影響するのが
この池の特徴です、ガタガタうるさいワゴンのコーヒー売りがだいたい終了の合図ですね
それまでに何とか1杯を確保して昼飯までにもう一杯と思いきや、少し届かずでした

昼飯休憩の時に 今日はチョウチン両ダンゴで通すと白木さんの釣りを拝見、和竿を操っています
良いサワリもありいい感じにウキは動いてましたね
こう言う釣りがやはり楽しくて良いですね、豪快にスバッと消し込むアタリが最高です

例会も午後からどれだけ拾えるかが勝負どころだったので、楽しい釣り方は封印して
朝からと同様に7尺チョウチンで再開しました。
水藻のへらはボソッけもキープしないと、すぐにシーンとしらけてしまいます
しっかり集中してエサを撃ちそれなりにアタリをもらい気分を盛り上げないと
ついつい待ち釣りになって、釣果が伸びないんですよね
分っていても、この時に楽しそうな釣りに逃げそうになるんです

午後からは、少し型も良くなったようです
DSC_0298

一日集中できる釣り座のおかげで、暫くぶりに一位となりました

【私のタックル】
  竿・・・・・・ 荒法師 武天 7尺
  道  糸・・・ スペクトロンHERA XP 0.8号
  ハリス・・・ スペクトロン 下バリ 0.3号 25㎝~30㎝ 上バリ 0.4号 7㎝
 ハ   リ・・・ 上 D-MAXPマルチ 6号  下 D-MAX Pクワセ 4号  
  ウ   キ・・・ migiwa catalist  body 6.0㎝ パイプ
【私の使用エサ】 
 ペレ匠顆粒・・・120㏄ 
 水・・・300㏄
 鬼武者・・・240㏄
 速攻かっつけ・・・240㏄
 BASEⅡ・・・120㏄
【クワセ】
 実戦わらび

当日の時合はバラケを食ってくるような活性だった為
エサを付ける前に少し触る事で、BASEⅡの粘りが程よく纏まってくれました
圧のかけ方と手水の加減でヌキ系の釣りにも対応できて使いやすいです










 

本日は10年以上ぶりにシマノJC関西大会に参加してきました
昨年までは8月最終か9月1週目で仕事の調整も付かず長らく参加できませんでした
今後も4月なら参加できそうで楽しみですわ
DSC_0292

5時30分の受付に並んで引いた座席抽選の結果は6番
なんと1号固定桟橋を引いちゃいました
しかし、横に並んで10人から2人が2回戦という事で準備に取り掛かりました
15尺で床を測っている最中にスレ掛かり、何とも気の早いと思い早々に引き揚げようと
竿を起こした瞬間に外れ、後ろの電線に仕掛けが絡むという失態です
おまけに穂先の回転リリアンまで破損する始末で、気分は最悪です

気をとり直し仕掛けを用意するも竿は13尺しかない、仕方なく変更して
何とかスタートに間に合いました

予想通り満タンの甲南は厳しい時合、ポロポロ拾うも11枚で終了でした
しかし、横並びに大きく差はなく、左右四人が400g差に並ぶもあと1枚が足りずに
1回戦にて終了となりました。
DSC_0293

最終2回戦で表彰台のトップに立ったのは、ほくと三重の山本敏之さんでした
山本さんおめでとうございます、工藤君と決勝は頑張って下さい

DSC_0294

上位3.人は2位に濱嶋さん3位が岡田さんという結果でした

DSC_0295

 

今日はまたまた久しぶりになってしまいましたが甲南へらの池へ行ってました

自宅の周辺は既に葉桜となっています
しかし、甲南までの道のりは丁度見頃の桜が点々とありました
やはり、甲南へらの池の周辺は季節が2週間程ずれてそうですね

何時もの池の手前の気温系も2℃とまだまだ冷えてます
ダウンを持ってきて正解でした
週の半ば迄は雨予報でしたが、今日は終日曇りの一日となりラッキーでしたわ

花見シーズンで稼ぎ時の方や、行楽予定の皆さんもほっとした週末でしたね

DSC_0272

池を見下ろす桜も今を盛りと咲き誇り満開でした
晴天だったらもっと綺麗な写真になったのに、残念です

今日の甲南へらの池は13組の例会が入る大盛況で超満タンでしたね
これだと、JC当日とほぼ変わらん状況だったように思います
試釣としては最高のシチュエーションですよね

私は、中京匠会のゲストで2号桟橋の1号向きで奥よりの釣り座でした
10尺天々で段床から入りましたが、予想通り渋かったですね
昼飯時にやっと1フラシって真冬と変わりませんわ

午後からは15尺に変更して沖目を責めてみましたが、反応が悪かったですね
今日は全体的に池の中央にヘラが集中したようで、長竿で良型が出てましたね
バラグルで平均800gクラスが揃ってたようですよ

さて週末のJCは何が本命となるんでしょうか
日替わりメニューの甲南へらの池だけに決め打ちは難しそうです

DSC_0271

ほぼ満席の状態、固定桟橋でも例会が入ってました

【本日のタックル】
竿・・・ 本源師 10尺 ⇒  龍聖 15尺
ウキ・・・migiwa body12㎝ 段床用
道糸・・・スペクトロンへらXP 0.8号
ハリス・・・スペクトロン 上 0.4号 7㎝ 下 0.3号 55㎝
ハリ・・・ 上 D-MAXマルチ6号  下D-MAXPクワセ4号

【本日のエサ】
ペレ匠顆粒・・・120㏄
ペレ匠顆粒デカ粒・・・60㏄
底グルダンゴ・・・60㏄
水・・・240㏄
DZ地底花・・・120㏄
ベストタッチ・・・120㏄

クワセ・・・実戦ワラビうどん



先週3月23日の日曜日水藻FCに行って来ました
昨年も同じ彼岸の連休に釣行してましたので恒例のという事です、か~

特別な課題もなく、ただ楽しく一日を過ごすことが目標です

釣り始めもそれぞれが思い通りに好きな釣り方で入ってましたね

久しぶりに和竿を楽しむ弟
長竿で沖目の大型を狙うまさやん
ウキのお試しもあり例会ではあまりしない浅ダナセットの私
mightyを確認する為メーターでセットをする福田さん
それにプラスして、九州から遠征にこられてたまさやんの友達の都築さんと加賀田さん

お昼は定番の台湾料理店で腹いっぱい食って

午後から私は12尺で両ダンゴにチャレンジしました
昨年はバクバクでしたが、今年はポツポツと季節は少し遅れ気味ですかね
でも3月に両ダンゴで釣れた事に感謝しなきゃいけませんね

まぁ、何より天気に恵まれた一日で良かったです
はじめましての方々も含め楽しい一日でした


005

写真はmightyD(左パイプ)とmightyG(PCムク) Bodyは3.5㎝(1番)です

このmightyも販売準備が整いつつあるようで
以下のサイトで商品の詳細等は確認できます
http://redhouse-online.com/








 

先日3月16日の日曜日は2月の例会以来1か月ぶりの釣行で
甲南へらの池に行って来ました

1~2月真冬の時期は交通事情を考えると足が遠のく甲南へらの池ですが
今回が2014年初の釣行でした

Facebookで紹介される甲南へらの池の冬季は半端なく厳しかったですね~
例年の事とは言え、今年は想定外の厳しさだったように思います。

釣行当日も池の手前の気温表示は-6℃?、壊れてるんちゃうかとツッコミながら
池に到着、この話をしてると、あれは壊れてるで!と言う意見もありました

しかし、霜で真っ白の桟橋を見ると誤差はあっても、氷点下であることは間違いない

今月は多数の方々にゲスト参加頂き盛況な例会でした

010

私は12尺段床でスタート
午後から11尺で浅ダナにスイッチしましたが、トラブルや風の影響もあり
最後ははまた、段床に戻すと言ういつもよくやる失態でした

そのままやっときゃいいのに~って感じでした







 

このページのトップヘ