先週の日曜日2月16日は関西匠会の例会で菊水池へ行って来ました。

2週続けての雪でしたね、特に先週は久々の大雪で釣りに行けるのか不安に思うほどでしたが
なんとか土曜日には回復し雨になった事で自宅の橿原から現場には特に不安もなく向かえました
しかし、菊水池に向かう道中の残雪の変化には驚かされましたねぇ
橋本市周辺はしっか路側に雪が残ってるのに、紀ノ川市にある菊水池の周辺には殆ど雪が
残ってませんでした、こんなに違うんですね
2月に菊水池を選ぶのはやはり正解なんだよな

しかし、一方で伊賀から来る藤井君夫婦は名阪国道の通行止めが解除されずに
新名神⇒京滋バイパス⇒第二京阪⇒近畿道⇒阪和道という大外回りの経路での参加でした
結局帰りの時間になっとても通行止は解除されず、同じ経路で帰路につく事になり恒例の
反省会も一緒にできずの解散でしたね、残念

DSC_0198

桟橋も改修され綺麗になった菊水池ですが
釣りを始めるとなかなか手強い事に変化はなかったようです

7尺チョウチンでスタートした私は、なかなかアタリも貰えず、ぼうずの恐怖が頭をよぎります
ようやく1枚を釣り上げたのも私が一番最後だったと思います

へらがある程度寄ってそれなりの時合を作るのに2時間以上は掛かりましたね
一番ウキを動かしてくれたのが、池で生まれた小べら?、小鮒でした
なんとも、放流の薄さが窺える笑えない現実です、次は放流に投資してほしいものですね

そんな中、午前中でようやく10枚ほどで昼食となりました
フラシ込で5.7kgです、トップは工藤君の8.5kg続いて藤井君の7.4kgです
昼食後も同じ釣りで始めましたがなかなか安定しません
ペースよく釣ってるのは8尺チョウチンでコンスタントに絞る早織ちゃんです
それを見てやはり少し深めが安定してるのかと、私は9尺に変更しました
すると、雰囲気は一変してポツポツではありますがいい感じになてきました
少し気づいてからの対応が遅かったようで、もう一時間はやくスイッチしてれば
もう少し挽回できたのにって感じで一日が終わってしまいました
結果は午後から7.4kgでしたが優勝とは1.7kgの差で4位という結果てした
間断なく吹く風と、時折吹く突風が判断を遅らせた要因ですね
エサボールも帽子も飛ばされた元延くんが、最後は僅差で逃げ切った例会でした

【タックル】
竿・・・龍聖 7尺 ⇒  本源師 9尺
道糸・・・スペクトロン 0.6号
ハリス・・・下 スペクトロン鮎HP 制覇 0.2号 60㎝ 
      上 スペクトロン0.4号 7㎝
ハリ・・・上 D-MAX マルチ 5号
     下 D-MAXクワセ 2号

【バラケエサ】
ペレ匠顆粒・・・120cc
水・・・300cc
鬼武者・・・240cc
速攻かっつけ・・・240cc
ベストタッチ・・・120cc

【クワセエサ】
一撃ライト・・・10cc
水・・・10cc