HERA ~煌めく瞬間を楽しむ~

一期一会、今この瞬間に感謝‼

今日は久々に中京エリアまで行ってきました

昨年に続き第2回となるDAIWAへら竿試釣会がありました
去年は天候に恵まれず雨で散々だった聞いてました
しかし、今年は見事に晴天に恵まれましね
去年は参加してない私が晴れ男なのかもしれませんよ~

DSC_0029

参加された方が思い思いの竿を借りて午前中は試釣です
午後のミニ大会に向けて、準備を行いました
その後9時過ぎから池事務所にて、エサ教室を開催し、常連の方々も参加頂き
いろいろと質問を頂きながらの教室でしたがなかなか盛り上がったんではないでしょうかね

午後から2時間はミニ大会を総重量で行い、表彰式では参加者それぞれが豪華賞品を
頂き無事に終了となりました

DSC_0034

本日のメイン講師は生井澤聡FTでしたが、我々に役割を譲って盛り上げて頂きました

DSC_0033

イベトント終了後に関係者が集まりパチリの一枚です

DSC_0035

生井澤FTのブログでも紹介されています。
↓   ↓   ↓
http://ameblo.jp/namaizawa-s4.htmlatoshi/entry-1185305190

http://ameblo.jp/namaizawa-satoshi/entry-11853021344.html

http://ameblo.jp/namaizawa-satoshi/entry-11852761192.html
 


20th DAIWA HERA MASTERS 2014


DAIWA : 2014年度へらマスターズ -001


【予選会場】
大会名会場名大会
番号
管轄営業所開催日
《予備日》
参加費募集人数申込締切日大会申込
・結果
東北千石の池
(山形県)
01仙台(営)9月21日(日)
《9月24日(水)》
4,000円60名8月3日(日)大会申込▼(PC)
大会申込▼(携帯)
関東A椎の木湖
(埼玉県)
03東京(営)10月4日(土)
《10月7日(火)》
4,700円200名8月24日(日)大会申込▼(PC)
大会申込▼(携帯)
関東B野田幸手園
(千葉県)
04東京(営)10月18日(土)
《10月21日(火)》
4,000円150名9月7日(日)大会申込▼(PC)
大会申込▼(携帯)
関西A甲南へらの池
(滋賀県)
02名古屋(営)
大阪(営)
9月28日(日)
《10月2日(木)》
4,000円150名8月3日(日)大会申込▼(PC)
大会申込▼(携帯)
関西B水藻FC
(大阪府)
05大阪(営)10月25日(土)
《10月28日(火)》
4,200円100名9月14日(日)大会申込▼(PC)
大会申込▼(携帯)

【地区大会別の競技規定等】

会場タナ規定竿の
長さ制限
エサウキ検量
方法
千石の池
(山形県)
自由7~15スレ鈎に限る、
2本
生えさオカメ以外は自由全長15cm以上、
仕込みウキ(オモリをつけなくても自立するウキ)禁止
手動
椎の木湖
(埼玉県)
ウキから
第一オモリまで
1m以上
8~21生えさ以外は自由全長20cm以上、
仕込みウキ(オモリをつけなくても自立するウキ)禁止、
寝ウキは禁止。故意にウキを立たせることも禁止
自動
野田幸手園
(千葉県)
8尺以上手動
甲南へらの池
(滋賀県)
自由7~15生えさオカメ以外は自由
(釣専用エサに限る)
全長15cm以上、
仕込みウキ(オモリをつけなくても自立するウキ)禁止
手動
水藻FC
(大阪府)
7~18生えさ以外は自由

詳細は以下のサイトにアクセスしてご確認下さい
http://all.daiwa21.com/fishing/event2/data/hera/2014hera/index.html

 

ゴールデンウィークも最終日となった本日は、ようやく今年初めて野釣りに出かけました

前日に知り合いから情報収集したところによると、なかなか好釣だとの事で
多少の期待を抱きながら、情報を頂いたK氏と現場集合で 落ち合いました

ポイントは津風呂湖3番の通称杉林の対岸です
DSC_0019

DSC_0017

スタートは11尺で床釣りから入りました
約1時間ほどで、突然のアタリで尺2寸クラスをゲット
これは幸先いいぞと気合を込めましたがその後が続きません
その次に釣れてきたのは何とカメ、これは明らかに時合になりそうにありません
昼まで、底から宙へ11尺から15尺へとチャレンジしましたが、まったく異常なし

潔く諦めて場所探しに3番駐車場へ
さすがに人気ポイントだけにほぼ埋っている状態でした

とは言うもののそこは知り合いの口利きで常連さんの間に入れていただきました
もう昼飯食って撤収を考えてましたので、ラッキーの一言です
常連の方々、どうもありがとうございました。

先ずは釣台を設置して昼飯を食べて、早速準備
左隣の人に合わせて15尺でウドンセットを始めました
動きはあり、ヘラの気配はありありなのになかなか落とさない
かなりスレたヘラが表層に集まっているものの、まったくタナに入る気配がない
さすがに、人気ポイントで超スレた手強いヘラのようです
手持ちのエサもそんな状況を想定していない為、思うように修正が出来ない
そんな中で、何とか1枚をGET超うれしい1枚で記念撮影
IMG_0156

その後もポツポツは釣れるものの続かない
IMG_0157

今日の一番の型は38㎝程度、手持ち撮影をしたもののこれはなかなか難しい
DSC_0020

そんなポツポツ時合の中、午後から7枚を釣り本日は終了
日没直前に工藤君がひょっこり現れバトンタッチ

IMG_0160

今年初の野釣りも合計8枚で終了
やっぱり野釣りはリラックスムードもあり、真剣モードで釣りもして
楽しいですね、今年はできるだけ多く野釣りに行こうっと


先週20日の日曜日は水藻FCへ関西匠会の例会で行って来ました

いつもの会員メンバーに並んで福田さん白木さん渡辺さんの3名もご一緒していただきました
しかし、私は例会では入口へちの釣り座となった為、釣りをしながらの会話もなく
ひたすら、釣りに集中する一日でした

DSC_0296
 昼前からは小雨が降ったり止んだりと不安定な一日でした
釣り座にも恵まれた私は7尺チョウチンでウトンのセット釣りを選択
まずはモーニングサービス時間にどれだけ拾えるかが釣果に大きく影響するのが
この池の特徴です、ガタガタうるさいワゴンのコーヒー売りがだいたい終了の合図ですね
それまでに何とか1杯を確保して昼飯までにもう一杯と思いきや、少し届かずでした

昼飯休憩の時に 今日はチョウチン両ダンゴで通すと白木さんの釣りを拝見、和竿を操っています
良いサワリもありいい感じにウキは動いてましたね
こう言う釣りがやはり楽しくて良いですね、豪快にスバッと消し込むアタリが最高です

例会も午後からどれだけ拾えるかが勝負どころだったので、楽しい釣り方は封印して
朝からと同様に7尺チョウチンで再開しました。
水藻のへらはボソッけもキープしないと、すぐにシーンとしらけてしまいます
しっかり集中してエサを撃ちそれなりにアタリをもらい気分を盛り上げないと
ついつい待ち釣りになって、釣果が伸びないんですよね
分っていても、この時に楽しそうな釣りに逃げそうになるんです

午後からは、少し型も良くなったようです
DSC_0298

一日集中できる釣り座のおかげで、暫くぶりに一位となりました

【私のタックル】
  竿・・・・・・ 荒法師 武天 7尺
  道  糸・・・ スペクトロンHERA XP 0.8号
  ハリス・・・ スペクトロン 下バリ 0.3号 25㎝~30㎝ 上バリ 0.4号 7㎝
 ハ   リ・・・ 上 D-MAXPマルチ 6号  下 D-MAX Pクワセ 4号  
  ウ   キ・・・ migiwa catalist  body 6.0㎝ パイプ
【私の使用エサ】 
 ペレ匠顆粒・・・120㏄ 
 水・・・300㏄
 鬼武者・・・240㏄
 速攻かっつけ・・・240㏄
 BASEⅡ・・・120㏄
【クワセ】
 実戦わらび

当日の時合はバラケを食ってくるような活性だった為
エサを付ける前に少し触る事で、BASEⅡの粘りが程よく纏まってくれました
圧のかけ方と手水の加減でヌキ系の釣りにも対応できて使いやすいです










 

本日は10年以上ぶりにシマノJC関西大会に参加してきました
昨年までは8月最終か9月1週目で仕事の調整も付かず長らく参加できませんでした
今後も4月なら参加できそうで楽しみですわ
DSC_0292

5時30分の受付に並んで引いた座席抽選の結果は6番
なんと1号固定桟橋を引いちゃいました
しかし、横に並んで10人から2人が2回戦という事で準備に取り掛かりました
15尺で床を測っている最中にスレ掛かり、何とも気の早いと思い早々に引き揚げようと
竿を起こした瞬間に外れ、後ろの電線に仕掛けが絡むという失態です
おまけに穂先の回転リリアンまで破損する始末で、気分は最悪です

気をとり直し仕掛けを用意するも竿は13尺しかない、仕方なく変更して
何とかスタートに間に合いました

予想通り満タンの甲南は厳しい時合、ポロポロ拾うも11枚で終了でした
しかし、横並びに大きく差はなく、左右四人が400g差に並ぶもあと1枚が足りずに
1回戦にて終了となりました。
DSC_0293

最終2回戦で表彰台のトップに立ったのは、ほくと三重の山本敏之さんでした
山本さんおめでとうございます、工藤君と決勝は頑張って下さい

DSC_0294

上位3.人は2位に濱嶋さん3位が岡田さんという結果でした

DSC_0295

 

このページのトップヘ