HERA ~煌めく瞬間を楽しむ~

一期一会、今この瞬間に感謝‼

6月29日(日)今年初めての関東方面遠征で千代田湖まで行ってきました

第5週に開催される龍生会の例会が千和友の会にジョイントして開催されました
千和友の会は今年で第3回だそうで、年々参加者が増えているそうで
今回はなんと87名が参加されたようです。
全面サポートをされているのが、DAIWAフィールドテスターでプロアングラーの
生井澤聡 氏が率いる「龍生会」です

DSC_0080

私は弟と共に前日に千代田湖に入り、千和のママ?からいろいろと状況を確認
宿は甲府市街の湯村ホテルって所に泊まりましたが、中々値段にしてはgood
次回訪れる事があれば、またココに泊まろうっと

当日の受付は4時からという事でした
事務所に4時前に到着し受付を済ませ、中に入らせて頂くと、生井澤会長の他にも
知った顔が、グロープライドの前山氏、DAIWAフィールドスタッフの遠藤重幸氏 も参加されてました
出船が5時という事でした、全体で競技説明があり出船準備へ

今回のルールは長寸38㎝以上小寸25㎝以下各1枚のみ検寸です

DSC_0083


DSC_0082

DSC_0084

出船の頃はまだ小雨が残ってました
レインウェアを着込んでの乗船でしたが、気温も低く丁度良かったのが救いでした

DSC_0085

DSC_0086

DSC_0087

何しろ初めてのボート釣り、事前にいろいろと聞いてはいたものの、ボートの
方向を変えるのも一苦労でした、なんとかボートを固定したのは新中央ロープの
中央付近で桜並木ロープに向きで池の最深部にあたる所でした
右手の少し離れたところに遠藤氏が左隣には弟がボートを固定しました

DSC_0089

DSC_0091

先ずはHPの情報から龍聖15尺を継ぎ、両ダンゴで釣り始めました
関西では15尺天々で釣れる釣り場が少ない為、手さぐりの状態です
もくもくとエサ撃ちを続けるうちに、東の空も雲が切れて太陽が眩しくなり
徐々に天気も回復へ向かうようです

DSC_0092
DSC_0094
DSC_0095
DSC_0096
 
1時間あまり経った頃にようやく1枚をget
嬉しいボート釣り初のへらは尺ちょいの働き者の様相で、写真撮るには不似合い
その後あまりにもあたりが散発なので竿を本源師18尺に変更して
エサもダンゴを諦めて、セット釣りにチェンジ、結果的にはこれが一番正解だったようです

DSC_0098

DSC_0099

ポロッポロッと拾い釣りながら周りも厳しい状況だったようです
昼前には雲が切れて、青空が広がり最高の天気になりましたね
こうでなくっちゃ、と思いながら楽しみました

結果は11枚釣ったものの、手元検寸で小寸が28㎝長寸が37㎝と規定に届く1枚は
確保できずに3時前には納竿しました

DSC_0100

当日釣果で信玄べらには出会えませんでしたが、魚体の綺麗な1枚をパチリ

次回は是非とも信玄べらに出会いたいものです

表彰式では当日の基準を満たした人は長寸で9名小寸で2名と、狭き門だったようです
しかし参加者の皆さんが笑顔で楽しそうな雰囲気だった事が一番印象に残ってます

立派な参加賞を頂きました、地元の桃もめっちゃ旨かったです
次回も是非参加したいなぁと思うイベントでした


当日の模様は千和さんのHPでも紹介されています(2014/07/05現在)
↓   ↓   ↓
http://senwa.sakura.ne.jp/




 

先週の日曜日15日は、関西匠会の例会で水藻フィッシングセンターに行ってました

DSC_0065

1号桟橋の入り口から内向きに並んでの例会でした
当日は10時からサッカーワールドカップも気になるしねぇ~
まぁ結果は別として、二つの事に集中するって難しいです

私は前週の釣りから9尺チョウチンで両ダンゴと決めてスタートしました
チョウチン組の他は全て7尺でしたね

朝一はやはり活性が高く予想以上に大きいウキが必要でして
クルージャンMR-1?の12㎝からスタートしたものの、最後は15㎝が必要でした
午後からはやや活性も落ちたので、13.5㎝に落としましたが普段9尺では
使わないサイズですねぇ

大きなウキと長めのハリスの釣りは豪快で面白いですね
今回は例会でも1日楽しめてそれなりの釣果もだすことがテーマだったので
結果は満足できるものでした

【私のタックル】
  竿・・・・・・ 本源師 9尺
  道  糸・・・ スペクトロンHERA XP 1.0号
  ハリス・・・ スペクトロン 下バリ 0.6号 55㎝ 上バリ 0.6号 45㎝
 ハ   リ・・・ 上下 D-MAXPマルチ 8号 
  ウ   キ・・・ クルージャン  body 13.5㎝ PCムク
【私の使用エサ】 
 BASEⅢ・・・360㏄ 
 CROSS・・・60㏄ 
 水・・・150㏄
 底釣りダンゴ・・・30㏄

釣果は100枚ちょっとで43㎏でした


 





 

先週の日曜日8日に、4月の例会以来水藻フィッシングセンターに釣行しました

次週に予定の例会の試釣 って言うほどに気合も入れず
どんなダンゴのブレンドがいいかなぁ~って感じの雰囲気を掴むために
緩~い気持ちでの釣行でした
とは言うもののダンゴを試しても3週目は池の月例会とも重なり混雑で渋いのが定番で
ダンゴで釣りきれる可能性も低いのが現実なんですよねぇ~
 
朝はどうも曇り空で、天気はどうなのかと不安な空模様でした

DSC_0050

同行の福田氏も和竿&合成竿を使って、いろいろな部分をお試ししているようでした
16尺の至連は趣きがタップリでしたね

私は中尺の和竿と言う事で伊集院12.1尺を出して、当然の事ながら両ダンコで始めました
久しぶりの和竿なのでまずは仕掛け作りからですが、蛇口の穂先ってやっぱり仕掛けを着けるのは
面倒ですね、しかし水切り音は最高にいいし、雰囲気は最高で好きなんですよねぇ~

DSC_0051

DSC_0052

夏場に入り管理池での両ダンゴは今年初めてです
浮子のサイズもどの辺りから入るか思案のいるところでした
先ずは自作(飛鳥)のBody13㎝の1㎜グラスムクからスタートしました
ちょっと大きすぎかとも思いましたが、ヘラが寄り始めるとこれでも入り辛い事もある程です
少しハリスを詰めたり、いろいろ調整しながらそこそこのペースで楽しめました

いろいろとしゃべりながら楽しんでいると、あっと言う間に昼飯の時間
事前に用意したコンビニの冷やし中華とおにぎりを食べて午後の部を再スタート

午後からは竿を伊集院13尺に変更しウキもクルージャンのBody15㎝PCムク1.2㎜をセット
ムクのウキはやっぱりPC1.2㎜が使いやすいですね、エサの調整幅が広がるのが一番かな~

DSC_0054

しかし1尺深くすると、釣りがやっぱり難しくなりますね
ヘラがタナに入って食わない状態でした、朝一から13尺だと良かったかもしれないけど
そもそも上調子のへらは、簡単ではなかったです

そこで、最後は竿を源一人 雅 10尺に変更しました

DSC_0056

普段はカーボンしか使っていない私には10尺程度は取り回しも楽で
エサ調整も容易になるタナは釣りやすさも満点でした

久しぶりに和竿を一日堪能し、カンカンにならずにそこそこ釣れるという
本来の楽しみを満喫できた一日でした


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+

お知らせ

第4週22日の日曜日には、有志の友達方々が集まって、中尺竿を使って両ダンゴで楽しむ会を
やります、竿は和竿もカーボンも、昭和の竿も平成の竿もなんの制約もありません、当然エサの
制約もありませんが、基本は両ダンゴがお約束です
一応中尺の竿とは11尺以上と定義して遊ぶ予定です、現場に7時頃集合予定です
一緒に遊びたいという方は参加自由なので、現場で声を掛けて下さい



 

先週の日曜日1日も夕間詰めの時合を狙って津風呂湖へ行って来ました

先週はバスの大会も開催されていた事もあり
朝からはボートも多くなり難しいだろうなぁ~
そうすると朝からの方も早めに上がるだろうなぁ~
こんな事をイメージしながら津風呂湖まで20分あまり

DSC_0045

3番駐車場に着くと西日の強い西側は、ほぼ空席
先端付近も見ていると先客も終了しそうな雰囲気でした

先々週にいろいろとお話しさせて頂いた湖鮒会の方と談笑している間に
どうやら先端のポイントが空いたようです

DSC_0047


サクット準備をして準備完了したのが4時頃てした
当日は11尺くらいの天々でも釣れると言う情報もあったので
まずは11尺からスータト、なかなかサワリも無かったのでハリスを伸ばしたところ
どうやら着底している様子、もう少し釣り座をずらしたポイトが正解だったようです
この辺りが常連の方々と違うところですねぇ

という事でタナを1本程度に上げて再スタートしました
サワリが出るようになったのは、日差しが傾き山陰に太陽が沈みかけた頃でした
それから日没までに3枚をgetして7時に納竿しました

前週より1回り型は良かったものの、綺麗な魚体はなく、スレたヘラばかりでした

DSC_0049

西日が強く写真は今ひとつですが、津風呂湖独特の野武士のようなへらでした

 

日曜日、朝から色々と用事をこなしてから
日暮れまでのワンチャンスを狙いに津風呂湖へ行って来ました

3番の駐車場付近は人気が高く、なかなかポイント確保が難しい
しかし、3時を過ぎれば帰る人もちらほら出てきます
その後に入って日没まで頑張る訳です
当日も、例会が終わった後の一級ポイントに入る事が出来ました

DSC_0039
DSC_0038
何時もながらロケーションは最高ですね
3時を過ぎるとこれからの季節は涼しくて最高なですよね

前に釣ってた人とおなじ15尺を出して両だんごで頑張ってみました
1時間程でサワリが出ましたが、中々手強いです
スレを掻くと後が厳しいですし、居るのに食ってくれません
結局、写真のを含め2枚で日没をお迎え終了となりました
DSC_0037
DSC_0040

あた行きたくなりますね!

このページのトップヘ